ミズゴケピートモスの微生物の利点

Print Friendly, PDF & Email

スファグナムピートモス(Sphagnum peat moss)は園芸用土および鉢土ミックスとして幅広く使用されています。通気性と保水性に優れるため、「有機的」な培地成分として高く評価されています。

スファグナムピートモスは病気や雑草の問題に関して作物生産に良効果をもたらします。 様々な調査レポートがスファグナムピートモスにはある種の根腐れ病の病原体を抑える効果があることを確認しています。 これは有益な微生物の作用であると考えられています。 またスファグナムピートモスは雑草の種子がないため、使用による雑草の繁殖が起こりません。

病気抑制に関係する微生物:

スファグナムピートモスはバチルス、連鎖状胞子菌属、アクチノミセス、ストレプトミセス、ペニシリウム、クラドスポリウム、トリコデルマ、ケカビなど(Belanger 1988年 およびTahvonen 1993年) の微生物を含んでいます。 これらのうち、トリコデルマストレプトミセスは抗生物質の合成のため、根腐れ病微生物の抑制にかなりの効果があります(Tahvonen 1993年)。 スファグナムピートモス内のこれらの微生物の存在はフザリウム、紋枯病菌、フハイカビ、およびAlternaria brassicicolaにより起こる根腐れ病を抑制することが明らかになりました (Tahvonen 1993年 およびChen 1986年)。  これらの微生物は競争により上記の根腐れ病の病原体を抑制するため、スファグナムピートモスを主体とする育成用ミックスの中では根腐れ病微生物は繁殖しにくくなります。

スファグナムピートモスのソースは微生物群集や微生物組成によって変わります。 このため、病気の抑制は常に予測できるわけではありません (Tahvonen 1993年) 湿地帯表面の薄とび色の繊維状のピートは湿地帯の深層からの暗く、腐植したピートより、多くの微生物群集を含みます。 薄いとび色の繊維状のピートだけがvon Post腐植スケールのH-2 からH-3(通常、部分的に腐植したピートモスが収穫される)に分類され、病気を抑制する微生物を豊富に含有すると考えられています。 病気の抑制効果は通常6~10週間、継続します(Hoitink 1997年)。

参照:

Chen, Y. and Y. Avnimelech. 1986. 近代農業における有機体の役割。 Martinus Nijhoff 出版、オランダ

Hoitink, H.A.J., A.G. Stone and D.Y. Han. 1997. たい肥による植物病の抑制。 HortScience 32(2): 184-187.

Tahvonen, R. 1993. 淡色スファグナムピートモスの病気抑制とストレプトミセスによる植物病の生物的制御 sp. Acta Horticulturae 342: 37-42. http://www.actahort.org/books/342/342_4.htm

 

著者:

Lakshman Ranasinghe 農学博士

ディレクター(研究開発)、

Theriault & Hachey Peat Moss Ltd